So-net無料ブログ作成

スーパーチューズデーとは [アメリカ大統領選挙の仕組み]

スーパーチューズデーとはどういう意味でしょうか?

3月第1週の火曜日は、最も多くの州が同時に予備選挙や党員集会が行われる日なので、この日を「スーパーチューズデー」と言い、火曜日に設定されます。

アメリカ大統領の選挙は、うるう年に行われ、1月~7月までは、予備選挙や、党員集会が行われます。

これは各党が大統領候補者を一人に絞る為の選挙で、アメリカの有権者(一般党員)は自分が選びたい候補者を支持している代議員に投票します。

代議員はどの候補を支持するかは前もって表明しているので、どの代議員を選ぶかで、どの大統領が支持されているかが分かるようになっています。

「スーパーチューズデー」には、他のどの日よりも一度に多くの代議員が決まります。
10以上の州で、民主党・共和党それぞれが予備選や党員集会を行ないます。

各州の代議員を獲得出来ない候補者は、ここで撤退を表明する人が多いです。

いくつかの州で同時に投票が行われるので、候補者は、同時に異なる場所に行くことは出来ません。

そうすると、より多くの代議員がいる地域にいるほうが有利ですよね。

候補者本人が行くことが出来ない地域には、候補者なりに作戦が必要となってきます。
例えばテレビCMなど。お金も沢山かかります。

関連記事
アメリカ大統領選の仕組み
「スーパーチューズデー 2016」の州はどこ?
スーパーチューズデーの結果

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。