So-net無料ブログ作成

アメリカ大統領選挙 テッド・クルーズの政策 [アメリカ大統領選挙 2016 候補者]

アメリカ大統領選挙 テッド・クルーズ氏の政策を調べてみました。
◆宗教
・南部バプテスト連盟

◆基本的な思想
・保守強硬派
ティーパーティー運動

◆テッド・クルーズ氏を支持している団体
ティーパーティー運動
キリスト教副音派
キリスト教右派

◆政策
・自由貿易の促進
・米国愛国者法の再法制化
・死刑制度の存続を支持
・銃規制に反対
・進化論を否定
・地球温暖化を否定
・人工妊娠中絶に反対
・国民皆保険制度に反対
・均等税の導入
・最低賃金の引き上げに反対
・不法移民の合法化に反対
・LGBT(同性愛・性的少数派)の権利確立への反対
・マリファナ合法化に反対
・障害者権利条約の批准を阻止
・小さな政府と新自由主義を支持
・イスラエルとの同盟強化
・イランやキューバとの融和路線に反対
・イスラム国に対して絨毯爆撃の実施を主張している
・シリア内戦等中東への軍事介入には反対

ここからは、テッド・クルーズさんに対して感じた私の感想です。

テッド・クルーズさんは強い信念ともいえる自分の考えを持っていて、彼を支持している団体は、そのまま彼の思想と言えるのではないかと思います。

彼は、彼の生まれた環境に強い影響を受けていると思います。
テッド・クルーズさんの父親はキリスト教福音主義の牧師で、キューバから政治亡命してアメリカ国民になっています。

つまり、父親も強い信念がある人物だということですよね。

テッド・クルーズさんはとても優秀な人ですが、これは彼が白人ではない事も理由のひとつだと思います。

というのは、アメリカの中でも保守的な人々は白人至上主義というか、そういう考えの人が少なくないと思うので、その中で、自分を他人に認めてもらう為には、人並み以上に勉強が出来るとか、何か優れたものが欲しいわけです。

関連記事
アメリカ大統領選挙(2016)のテッド・クルーズ
アメリカ大統領選挙 ヒラリー・クリントンの政策
サンダースの民主党での政策とは

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。