So-net無料ブログ作成

スーパーパックとは [アメリカ大統領選挙 用語集]

スーパーパックのパック(PAC)とは、(political action committee)の略で、日本語では政治活動委員会と訳されているようです。パックがスーパーになったものがスーパーパックと言われています。

スーパーになるとはどういう意味なんでしょうか?

◆これまでの経緯
アメリカでは、企業、団体、組合などが直接政治献金を行うことは法律で禁止されている。
 ↓
その為これまでは、政治活動委員会(PAC)という政治資金団体を設立し、企業の役員や大口株主から個人として政治資金を集めてきた。
 ↓
その献金額は一人当たり年間5,000ドルに制限されていた。
 ↓
2010年1月 「市民連合(シチズンズ・ユナイテッド)※」が、2010年にアメリカ大統領候補だった
ヒラリー・クリントン氏を誹謗中傷すると受け取れる内容をテレビCMで放映しようとした。
 ↓
「連邦選挙委員会(Federal Election Commission)」からストップがかかり、これを市民連合側は「表現の自由」への制約だとして訴えた。
 ↓
アメリカの最高裁は、企業にも「言論の自由を認める権利章典第一条」が認められるとして、市民連合側の言い分を認め、これまでの政治資金の献金額への制約がここからは、事実上無制限となった。
 ↓
だが条件があり、「支持する候補者や、政党と直接協力関係にない政治活動において無制限」と定められた。
 ↓
政治活動委員会は、企業や個人から大量に政治献金を集めるようになり、スーパーPACと呼ばれるようになった。
 ↓
無制限に資金を集めた団体は、支持する候補者ではなく、対立する候補者に対するネガティブ・キャンペーンのために潤沢な資金を使用するようになった。

現在ではこの例が示す通り、大統領選挙はとてつもなくお金がかかる行事となってしまっているんですね。

ちなみに、共和党のトランプ氏と民主党のサンダース氏はウォール街からの資金援助はないようです。

トランプ氏は政治献金を受けずとも選挙活動が出来るだけの資金を自身で保有しているし、サンダース氏はウォール街などの巨大金融機関の解体を表明しています。

※市民連合(シチズンズ・ユナイテッド Citizens United)とは、保守系の政治団体。

関連記事
ウォール街からの資金集め

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。