So-net無料ブログ作成

キリスト教右派の主張 [アメリカ大統領選挙 用語集]

アメリカにおける「キリスト教右派(Christian right)」の主張はどういったものなんでしょうか?

キリスト教右派とは、キリスト教原理主義者のことで、福音派も含まれます。
キリスト教原理主義とは、聖書に書かれた事が真実であるとの考え。

◆キリスト教右派の主張
・聖書の権威の絶対視
・処女懐胎を信じる
・キリストの再来を信じる
・妊娠中絶の禁止
・同性愛の禁止
・進化論を認めない
・異教徒への否定的態度

現在はどうなっているのか分かりませんが、1925年、テネシー州では進化論を教えることを州の法律で禁じていて、その法律に違反して授業をしたとのことで、高校の生物教師ジョン・スコープスが訴えられたそうです。

アメリカではテレビ伝道師(テレヴァンジェリスト)という人が存在し、原理主義的な思想を人々に伝えているようです。

アメリカでは、無宗教はたったの8%
国民の4割以上が毎週教会に通うそうです。

アメリカ人の70%は死後の世界を信じ、悪魔を信じている。
天地創造を信じている人は、アメリカの国民の40パーセントもいます。

進化論はもってのほか。進化の過程は至高の存在(神)が導いてきたという考え。

教会右派は、共和党にある一定以上の影響力があり、アメリカ大統領候補者はその存在を無視できないとのこと。

関連記事
アメリカのキリスト教の福音派
ティーパーティー運動とは

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。