So-net無料ブログ作成

オキュパイ運動とは [アメリカ大統領選挙 用語集]

オキュパイ運動(Occupy Wall Street)とは、アメリカのニューヨーク市マンハッタンのウォール街で起きた運動とその運動を主催する団体名です。

オキュパイ運動は2011年9月17日から数か月続いたそうです。

「We are the 99%」は運動に参加する人達の掲げるスローガンで、その根底にあるのはアメリカに横たわる超格差社会の問題です。

2008年のリーマンショック後、政府が巨額の公的資金を投入した結果、金融機関は業績が回復し、ウォール街の幹部の収入は元に戻り増えました。

一方、リーマンショックの時に失業した人は、貧困層に転落し、家を失う人が続出。彼らは元に戻れないままです。

これらの人々が、金融機関の中心地であるウォール街への抗議デモを起こしたのがきっかけで全米各地にデモが広がったそうです。

オキュパイ運動はその後、世界にも広がり、イギリスでは、2011年10月15日からロンドン証券取引所を占拠せよ(Occupy London Stock Exchange)が起こったそうです。

関連記事
「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。