So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ氏とバーニー氏が支持される理由 [アメリカ トランプ大統領]

バーニー・サンダース氏はヒラリー・クリントン氏の代議員総数の過半数確保が確実にならない限り最後まで戦う意向を示しています。

代議員獲得数は、ニューヨークタイムズの集計では、ヒラリー氏:1,298人、バーニー氏:1,079人と差は219人。(ウィキピディアでは、ヒラリー氏:1,777人、バーニー氏:1,120人と差は657人。)

日雇いの建設現場で働く人達や、アルバイトの掛け持ちで働く人々。
彼らは、でも大学を卒業し、資格を持っています。

1ヶ月の給与が1ヶ月の電気代にも及ばない。
働いても働いても家賃を払うだけで精一杯。

彼らも、自分達の国アメリカは何かがおかしいと感じていて、政治家と大企業が組んで有利なようにしていたら、国民の声は届かない。そう感じているようです。

バーニー氏とトランプ氏が支持されるのは、彼らの声にならない声だと思う。

トランプさんは政治そのものが今回初体験です。
バーニーさんは議員としてのキャリアはあっても、アメリカの政治は初めてだから失敗するかもしれない。

でもたとえ失敗してもチャレンジするということに大きな意義があると思う。

政治は誰の為のものなのか?
バーニー氏とトランプ氏は政治献金を受けないところがどの候補者とも違っています。
バーニー氏とトランプ氏はスーパーパックを猛烈に批判しています。

アメリカの一般市民はバーニーさんやトランプさんにアメリカのかじ取りをチャレンジしてもらいたいと思っているんだろう。

1人が行動すれば、必ず後に続く人が現れる。
2回目は1回目よりうまく出来るだろうし、3回目はもっと上達する。

今回、私は2016年のアメリカ大統領選挙をいろいろ調べてみて、アメリカに対する自分の考えが大きく変わってきた。

ヒラリーさんは4年後あともう1回チャンスがあるよ、きっと。

私は、この2人が今回アメリカをどんな風に変えようとしているのか見てみたい。
これは、アメリカの99%に所属する人達が感じている気持ちなのではないかと思う。

関連記事
「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。