So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒラリー氏「中国は最貧国になる」 [ヒラリー氏 発言まとめ]

ヒラリー・クリントン氏の発言がネットで話題になっているようです。
「20年後、中国は世界で最も貧しい国になる」

これは、2012年にハーバード大学で行ったとされる演説の中での発言です。
その理由を6つ挙げているのですが、要約すると

1.中国9割の官僚家族と8割の富豪がすでに移民申請を出した。またはその意向がある。
2.中国で行われている教育やメディアでの報道はほとんどが憎しみと他人または他国を歪曲した内容。
3.中国は信仰がなく、全国民が権力と金銭のみを崇拝している。
4.中国政府は人民を騙し、人民は過去の権力の奴隷から今は金銭の奴隷に変わった。
5.大多数の中国人は権力と金銭の獲得が生活の全てで成功と考える。
6.環境破壊、資源の略奪、贅沢と浪費。中国政府は民衆の注意力を他国にそらし、自国に向けられる敵意を外部に転嫁させる。

とし、国民をもっと大切にして無責任な抑圧を止めなければ、中国の国内の情勢は不安定になり、社会動乱と人道災難が出現、20年後中国は世界で最も貧しい国になるだろうと言い、

それは全人類と災難であり、米国の災難でもあると述べています。

◆中国の富裕層が国外移住を希望する理由
ハルンレポートという、中国版フォーブスによると、10億元(約163億円)以上の資産を保有する中国人の超富裕層980人に聞き取り調査を行った結果、

・教育の機会 21%
・環境汚染  20%
・食品の安全 19%
・社会福祉  15%
・医療ケア  11%
・資産防衛  8%
・IPO   1%
・課税懸念  1%

が海外移住の理由と判明したそうです。

富裕層の海外移住の理由の中にも、教育や環境汚染とか、ヒラリー氏が指摘している内容が出てきますよね。

環境汚染と食の安全は密接につながっていて、大気汚染、河川の汚染は農作物の育成にも影響を与えているようです。

中国の食品にまつわるスキャンダルはたびたびニュースで話題になりますよね。
※「中国 食品被害」と検索エンジンで検索するといろいろ出てきます。

でも、ヒラリーさん、中国のことをあれこれ言っている場合じゃないって思います。
アメリカだっていろいろ問題かかえてるんだからもっと頑張ってと言いたくなりますよね。

関連記事
ヒラリー・クリントン氏の炭鉱の発言
ヒラリーのメール問題
バーニーサンダース氏を指示する人々
トランプ氏が支持される理由

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。