So-net無料ブログ作成
検索選択

ドナルド・トランプ氏の発言(多国籍企業) [トランプ氏 発言 まとめ]

ドナルド・トランプの発言を書きたいと思います。

ドナルド・トランプ氏は、5月12日のFOXニュースのインタビューで、アマゾン・ドット・コムに対して、「大きな反トラスト問題を抱えている」と発言したそうです。

さらに、アマゾンの最高経営責任者であるジェフ・ベゾス氏に対し、「彼は税や反トラストの面でアマゾンを助けるという政治的な目的で、ワシントン・ポスト紙を利用している」と述べたそうです。

ワシントン・ポスト紙はジェフ・ベゾス氏の保有する会社です。

反トラストとは、アメリカでいう独占禁止法のことでしょう。

トランプ氏のこの発言が今後どのような行動に向かうのかは不明ですが、少なくとも、従来のアメリカ大統領が踏み込んでいなかった領域に踏み込んだという点で、興味深いと思います。

多国籍企業を所有する最富裕層の資産は、トランプ氏のそれとは比べ物にならないくらいすごいです。

2016年3月、ジェフ・ベゾス氏の資産額は、490億ドル(約5兆4,635億円)です。
対するドナルド・トランプ氏の資産額は、45億ドル(約5,404億円)。

↓以前も書いたのですが、
最富裕層とは

これほどまでに富を集めることができるのは、やはり、政治に関与しているからだと思います。

今回のトランプ氏の発言は、アメリカの政治にくすぶる、誰も見てみぬふりをしている問題を直撃したんですよね。

今後、トランプ氏はどこまで、実際に行動に移すのかわかりませんが、たった1人で、この問題に立ち向かおうとする姿勢に感心します。

トランプ氏のこの勇気はいったいどこから出てくるのか?と思います。

関連記事
ドナルド・トランプの発言(不法移民)
ドナルド・トランプの発言(中絶)
ドナルド・トランプ氏の発言(雇用)

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。