So-net無料ブログ作成

ヒラリー・クリントン氏の炭鉱の発言に対しての謝罪 [アメリカ大統領選挙 2016 候補者]

"I just want to know how you could say you are going to put a lot of coal miners out of jobs, and then come in here and tell us how you’re going to be our friend?"

鉱夫は消滅すると言っておきながら、ここにきて私たちとどうやって友人になれると言うのかを知りたい。

"I don't know how to explain it other than what I said was totally out of context for what I meant because I have been talking about helping coal country for a very long time,"

なんと言って説明すればいいのか、申し訳なく思う。ヒラリー氏が言いたかったのは、炭鉱の町を助けることをずっと長い間言い続けていたということ。

"It was a misstatement because what I was saying is the way things are going now, they will continue to lose jobs. It didn't mean that we were going to do it. What I said is that is going to happen unless we take action to help and prevent it."

「これからは再生エネルギーの時代だから、炭鉱は閉鎖、鉱夫という職業も消滅する」は誤った陳述だったと認めている。

ヒラリー氏は、自身が炭鉱閉鎖を望んでいるわけではないことを強調。

だが、このまま政府が何もしなければ、望む望まないにかかわらず、炭鉱という職場は消え去る運命だと言いたかった。

関連記事
ヒラリークリントンと宇宙人
ヒラリー・クリントンの発言(仕事)
ヒラリー・クリントン氏の炭鉱の発言
ヒラリー氏「中国は最貧国になる」
ヒラリーのメール問題

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。