So-net無料ブログ作成

ヒラリークリントンは不人気か? [アメリカ大統領選挙 2016 候補者]

ヒラリー・クリントン氏は不人気だという噂があります。

2015年5月5日にアメリカで発売された「クリントン・キャッシュ」という暴露本が、2016年7月24日に全米で映画となって公開されます。

「クリントン・キャッシュ」とは、クリントン財団の、外国政府や外国企業からの政治献金疑惑を暴いた内容の本です。

他にも、「クライシス・オブ・キャラクター(Crisis of Character)」という本がアメリカで、6月28日に出版されるそうです。

この本は、ヒラリー氏の夫であるビル・クリントン氏がアメリカ大統領だった時のアメリカ合衆国シークレットサービスのOfficerであったゲイリー・J・バーン氏が書いた暴露本です。

「クライシス・オブ・キャラクター」という本は、ヒラリー氏のリーダーシップに疑問を感じるような内容が書かれているそうです。

こういった暴露本の真意のほどは明らかではありませんが、ヒラリー・クリントン氏への不信感というのは、これらの暴露本に代表される、メディアからの影響も少なくないと思います。

また、暴露本に書かれていることが、「まんざらでっち上げのウソでもないのでは」とアメリカ国民が不信感を抱くほど、ヒラリー・クリントン氏が限りなくグレーゾーンにいることの表れだと思います。

そうでなければ、なぜ、このタイミングでの暴露本の出版か、映画化かと思いますよね。

以前の記事でも書いたのですが、政治献金を受け取って政治活動を行っている人々は、何のためにアメリカ大統領になりたいのか?

疑問に思うんですよね。本当に国民のために立候補しているのか?

この疑問は私だけではなく、アメリカ国民もきっと同じように感じている人が大勢いると思います。

関連記事
最富裕層とは
ウォール街からの資金集め
スーパーパックとは

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。