So-net無料ブログ作成

トランプ氏とEU [アメリカ トランプ大統領]

トランプ氏は、英国の欧州連合(EU)離脱のニュースについて、

「英国民は自分たちの国の支配権や国境を取り戻したかった。人々は身元不明な人間が自国に流入するのを望んでいるわけではない」

と発言したそうです。

そして、同じことがアメリカでも起きているとし、トランプ氏がアメリカ大統領に選ばれた暁には移民制限や貿易不均衡是正などの政策を実現すると言ったそうです。

トランプ氏は英国の欧州連合(EU)離脱のあと、ポンド相場が下落したことに対して、トランプ氏のビジネスには儲かると発言したことに対して、

「英国の欧州連合(EU)離脱が米国経済に及ぼす影響よりも、自分のビジネスにどのような恩恵をもたらすかに興味をもっている」

とヒラリー・クリントン氏からさっそく横やりが入っています。

トランプ氏は、イギリスはEU離脱をしたほうが良いとの考えです。

欧州単一通貨ユーロについても「一度も好きになったことはない。物事を複雑にしている」と言ったそうです。

トランプ氏の意見はコロコロ変わりますが、移民に対する考えは一貫しているようですね。

EU加盟国は、難民や移民の受け入れを拒否できないそうです。(難民受け入れ拒否はできないという法律があるそうです。)

移民の受け入れを拒否するならば、EU離脱するしかないらしい。

難民や移民を受け入れると、治安が悪化したり、イギリス国民の税負担が増えたり、移民に仕事を奪われるという不安もあるんですね。

ある意味今、アメリカが抱えている問題に似ている側面がありますよね。トランプ氏が言うのもある意味本当かなとも感じます。

関連記事
ドナルド・トランプの発言(不法移民)
ドナルド・トランプの発言(中絶)
ドナルド・トランプ氏の発言(雇用)

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。