So-net無料ブログ作成

ヒラリークリントンの病気(舌) [アメリカ大統領選挙 2016 候補者]

ヒラリークリントン氏は病気ではないか、舌に穴が開いているとネットで噂されています。

日本での噂は、舌の口腔癌の生体検査の痕ではないかと言われています。

海外でも、ヒラリー・クリントン氏の舌のダークスポットは舌癌ではないか?あるいは舌癌の手術痕ではないかと噂されています。

以前は舌に腫瘍があったが、取り除かれたので穴が空いたのではと言われています。

海外のサイトでは、ヒラリー・クリントン氏の舌のビフォー・アフターの画像が公開されています。

舌の上が隆起している写真と黒く凹んでいる写真とが並べられています。

でも、これはグラフィック処理の可能性もあるので、信憑性には疑問が問われます。

ところで、舌って穴が開くの?とビックりしたのですが、よく調べてみると、腫瘍だけではなく、口内炎でも舌に穴が開くことがあるそうです。

口内炎の原因はいくつかあって、ストレスやウィルスや細菌感染、アレルギー、熱湯や薬品の刺激、ニコチンなどがあります。

あるいは他の病気、糖尿病や血液の疾患などを患っている方で、抵抗力が落ちた時に出るときがあるそうです。

口内炎の場合、自然と治るものもあるらしい。

ですが、いずれにしてもヒラリーさんの舌の穴の原因ははっきりとはわかりません。

ヒラリー氏のスタッフの一人は以前、緊急時用に注射のようなものを携帯しているのを写真に撮られています。

ヒラリー・クリントン氏の病気に関する噂は絶えないです。

関連記事
ヒラリークリントンの影武者
ヒラリークリントンと影武者と安倍
ヒラリークリントンは病気なの?
ヒラリークリントンの病気はパーキンソン?

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。