So-net無料ブログ作成

ヒラリークリントンの病気はパーキンソン? [アメリカ大統領選挙 2016 候補者]

ヒラリークリントン氏の病気はパーキンソン病ではないかと噂が流れています。

日本の噂では、ヒラリー氏はパーキンソン病であるとされています。

頻繁に起こる咳やパーキンソン病患者がよく使う薬を使用しているからという理由によるものです。

you tube で再生されている動画で、メディアの取材の時、頭をグラグラさせて不自然にあいづちをうつ様子がパーキンソン病の症状のようだと噂されています。

海外で流れているヒラリー・クリントン氏の病気は、dementia(痴呆)という噂です。

ニューヨークのある医療事務所(New York medical office)から診断書のリークがあったようです。

その診断書によると、ヒラリー・クリントン氏は「複雑部分発作(Complex Partial Seizures)」及び、「痴呆(Complex Partial Seizures, and Subcortical Vascular Dementia)」だと診断されたそうです。

「Subcortical Vascular Dementia」とは、「ビンスワンガー病(Binswanger's disease)」に類似した症状の病気のようです。

「ビンスワンガー病」とは、大脳皮質下白質の変性 (神経線維数が少なくなり,しばしば小さな梗塞〈こうそく〉を伴う) を示す痴呆とのこと。

ヒラリー氏の症状として、「失神、不自然な揺れや痙攣、記憶消失(blacking out, uncontrollable twitching, and memory loss)」があると述べています。

starting to become depressed and frustrated about her medical condition and the way it's affecting her life. She states she had been experiencing more frequent mini seizures causing her to black out for short periods of time

「ヒラリー氏の薬物治療については、鬱やストレスになり始めている。(この薬物治療は)彼女の生命に悪影響を及ぼす。彼女は今まで癲癇(軽い失神)をしばしば経験している。」

癲癇(失神)の治療のための薬物が、ヒラリー氏の鬱症状やストレスという副作用として現れていて、それが生命に悪い作用をもたらしている可能性があると言っているわけですね。

ヒラリー氏の医師は、「抗うつ剤の1回の投薬量を上げることは、不安材料である」とし、「仕事はもちろん、自宅より病院に行くべきだ」と述べています。

もし、ヒラリー・クリントン氏がアメリカ大統領に就任した場合、このリークされた診断書は、辞任の根拠となるだろうとネットでは噂されています。

もちろん、この診断書の信憑性は定かではありません。

アメリカのとあるサイトでは、ヒラリー・クリントン氏は、健康問題に関して、アメリカ国民に誠実ではないと言っています。

薬漬けになってまで、必死に頑張っているヒラリーさんを見ると、そこまで頑張らなくても良いのではないかと心配してしまいます。

関連記事
ヒラリークリントンの影武者
ヒラリークリントンと影武者と安倍
ヒラリークリントンは病気なの?
ヒラリークリントンの病気(舌)

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク







共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。