So-net無料ブログ作成

トランプと中国の発言 [トランプと中国]

トランプ氏に対する中国のバトル発言が続いています。

ドナルド・トランプ氏は、
「中国は通貨操作を行なっており、対抗措置として中国製品に45%の関税を課す」

と以前、発言していましたが、

これに対して中国は、2016年11月13日に、

「トランプが関税を我が国に課すのであれば、中国政府はiPhoneや米国製自動車や航空機の中国での売上を抑制する手段に出る」

って言ったらしいです。

2016年11月現在の世界の人口は、
約73億人6,362万人です。

中国は世界の人口ランキングの1位で、
約13億6,782万人います。

対する、アメリカ合衆国の人口は3位で、
約3億1,905万人です。

中国は、

「中国政府は米国のボーイング社の代わりに欧州のエアバスの航空機を購入する。米国の大豆やトウモロコシの輸入も中止する。さらに、米国で学ぶ留学生の数も制限する。」

と具体例を挙げています。

中国は言うだけでなく、本当に実行に移しそうだから怖いですよね。

世界人口ランキング堂々1位の中国からものを買ってもらえなかったら超打撃ですよね。

アップル社の株は暴落したらしいです。

今現在、中国はアメリカ製の自動車に、約20%の関税を課しているそうです。

対するアメリカは、中国にほとんど関税をかけていないそうで、ドナルド・トランプ氏が文句を言いたくなるのも分かりますが。

関連記事
ドナルド・トランプ氏の発言(中国)
ドナルドトランプを中国語で

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。