So-net無料ブログ作成
検索選択

ドナルド・トランプ氏と雇用 [アメリカ トランプ大統領]

ドナルド・トランプ氏は、12月1日、ユナイテッド・テクノロジーズ傘下の空調大手キャリアと、「インディアナ州にある工場のメキシコへの移転を行わず、約1,000人の雇用を維持すること」で合意したそうです。

ドナルド・トランプ氏は、

「企業は今後、影響を受けずに米国を離れることはできない」

とコメントしました。

ドナルド・トランプ氏は、雇用創出を公約しています。

インディアナ州政府は、ユナイテッド・テクノロジーズに対し、今後10年に700万ドル相当の税優遇を与えることに同意しました。

インディアナ経済開発公社は、空調大手キャリアに対し、平均時給30.91ドルで1,069人の雇用を維持する条件で、500万ドルの税額控除を提示したそうです。

この結果、工場の従業員1,400人の内、800人前後、本社の300人前後が雇用を維持できるそうです。

この合意が、近い将来のアメリカ経済に良い影響を与えるかどうかは、まだわからないです。

企業は利益を出さなければ、経営が成り立たないし、国も企業が利益を出さなければ、税収が得られないです。

でも、トランプ氏は、経営のプロだし、大統領選挙に立候補する前から、問題の解決方法とか、いろいろ考えてあるはずだと思います。

トランプ氏のやっていることは、「アメリカ国民の雇用を守る」という、アメリカ大統領として当然のことをやろうとしているだけだと思います。

逆に、今までの大統領がやってこなかったって事実が悲しいことだと思います。

結果がどうなるかはまだ誰にも分らないけれど、「アメリカ人の雇用を守る」という行動を実行している事実は、評価できると思うし、アメリカの中間層や貧困層も、このことは高く評価していると思う。

私が思うのは、アメリカの中間層や貧困層にお金がもっと流通するようになれば、彼らは消費活動を活発に行うと思うので、

大きな流れとして、世界経済も活性化すると思います。

ただ、トランプ氏は、どのようにしてアメリカの経済を良くして、中間層や貧困層の生活水準を良くしようとしているのか、まだわからない部分が多いです。

トランプ氏のやっていることは、従来の大統領がやらなかったことなので、これからのトランプ氏の行動が興味深いです。

関連記事

アメリカ大統領選挙(2016)のトランプ
ドナルド・トランプの発言(不法移民)
ドナルド・トランプの発言(中絶)
ドナルド・トランプ氏の発言(雇用)
ドナルド・トランプ氏の発言(中国)
トランプ氏の移民 強制送還

「アメリカ大統領選挙 2016」 目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。