So-net無料ブログ作成
アメリカ大統領選挙の仕組み ブログトップ

誓約代議員とは [アメリカ大統領選挙の仕組み]

「誓約代議員(pledged delegates)」とは、「私は誰それに投票しますよ。」と支持候補をあらかじめ表明している代議員のことを指します。

誓約代議員とは、民主党の一般代議員(4,051人)のことで、選挙前に投票する候補を宣言する必要があり、一度宣言した支持候補は変えることはできないとされています。

誓約代議員(民主党の一般代議員)は、各候補の支持者や支援団体の代表者から構成されています。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

代議員とは [アメリカ大統領選挙の仕組み]

アメリカ大統領選挙での代議員とは、予備選挙で有権者を代表し、全国党大会に出席し、党のアメリカ大統領候補者を決める人たちを指します。

簡単に流れを説明します。

続きを読む


タグ:代議員とは

共通テーマ:ニュース

アメリカ大統領選挙の仕組みを簡単に [アメリカ大統領選挙の仕組み]

アメリカ大統領選挙の仕組みを簡単に説明したいと思います。
かなり大雑把に説明しますので、さらに細かく知りたい人は

↓こちらを参照下さい
アメリカ大統領選挙の仕組み
予備選挙の仕組み

アメリカは100年以上も前から、2大政党である民主党と共和党のどちらかから大統領が選出されています。ですので、民主党と共和党の場合を例に説明します。

アメリカ大統領選挙は、4年に一度の「うるう年」に約1年かけて行います。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

予備選挙の仕組み [アメリカ大統領選挙の仕組み]

アメリカ大統領選挙の予備選挙の仕組みを説明します。
予備選挙は、民主党・共和党の両党がそれぞれ候補者を一人選出する選挙です。

選挙が予備選挙になるのか、党員集会になるのかは州によって異なります。

◆予備選挙とは
予備選挙は、無記名で投票します。管理するのは州、または地方政府です。
投票所に行って投票するので、私たちが知っている通常の選挙に近い形です。

「closed」…政党登録した有権者だけが投票出来る
「open」…無党派層も投票出来る

「closed」か「open」かは、州によって異なるらしい。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

「スーパーチューズデー」はなぜ火曜日? [アメリカ大統領選挙の仕組み]

「スーパーチューズデー」はなぜ火曜日なのでしょうか?

アメリカは、西部開拓民時代から選挙が行われている国で、当時キリスト教徒は日曜日を安息日として厳格に守っていました。

安息日には一切の仕事をしてはならず、それは例えば馬具を取り付けることも仕事のひとつとして数えられるので、日曜日はみんな馬車には乗らず、歩いて教会に行ったらしいです。

もし、月曜日を投票日に設定すると、アメリカの国土は広大なので、遠方に住む人は前日の日曜日の一日を使って馬車などで移動する必要があります。

ですが、これでは安息日を破ることになるので出来ません。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

スーパーチューズデーとは [アメリカ大統領選挙の仕組み]

スーパーチューズデーとはどういう意味でしょうか?

3月第1週の火曜日は、最も多くの州が同時に予備選挙や党員集会が行われる日なので、この日を「スーパーチューズデー」と言い、火曜日に設定されます。

アメリカ大統領の選挙は、うるう年に行われ、1月~7月までは、予備選挙や、党員集会が行われます。

これは各党が大統領候補者を一人に絞る為の選挙で、アメリカの有権者(一般党員)は自分が選びたい候補者を支持している代議員に投票します。

代議員はどの候補を支持するかは前もって表明しているので、どの代議員を選ぶかで、どの大統領が支持されているかが分かるようになっています。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

アメリカ大統領選挙の仕組み [アメリカ大統領選挙の仕組み]

アメリカ大統領選挙の仕組みについて調べてみました。

アメリカ大統領選挙は、4年に一度オリンピックの年に行われ、大統領が選ばれるまで、約1年かかるという、アメリカのビッグイベントです。

アメリカの大統領は、百年以上も前から民主党と共和党のどちらかの政党から選ばれているそうです。このため、民主党と共和党の候補者の場合を説明します。

関連記事
アメリカ大統領の歴代の名前

アメリカの大統領選の主な流れ
◆予備選挙(1月~7月まで)
民主党と共和党が、それぞれアメリカ大統領候補者を一人に絞る為の選挙です。

続きを読む



共通テーマ:ニュース
アメリカ大統領選挙の仕組み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。